ファサード型火災の恐怖

皆さん、こんにちは~編集委員の森 全央です。

先週の水曜日に発生したイギリス・ロンドンのビル火災~。
大きな被害が報告されておりますね。
当初、7名程の死者がニュースで報道されておりましたが
最近の情報では、10倍以上の 79名が推定されると報告されております。
高層建築物の大惨事、外国の問題と気楽に見ていられるニュースではけっして
ありません。

IMG_0997

IMG_0992

この火災の原因として、「ファサード型火災」という言葉を聞きました。
外壁に使用された燃えやすい建材が原因で上層階へ火が燃え広がるタイプの
火災だそうです。

IMG_0998

 

建物に求められる大切な要素として「断熱」があります。
当然、効率が良く安価なものが求められるのが自然だと思いますが
万一、もしもの事態に備えることが住まう人々が本当に建物に求める
条件であることがこういう大惨事の発生した後に思うことですね。

 

IMG_0996

 

ウレタン系の断熱材は、一旦火が点くとたちまち燃え広がります。
材料の特性を知りその施工方法をしっかり考えて工事することが
建築業界に求められることだと自分自身の業務にも関係あると深く
感じる今回の大惨事のニュースだと改めて思います。

 

IMG_0993

IMG_0990